読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちもこっちもブーメラン

3次元の無限の可能性、さぐってみます

第7回「おたくとリア恋」~その4:ゴールはどこ?編~

※はじめましての方はまずこちらから。


boomerang.hateblo.jp


かりん:段々濃い話が増えてきた中で、おおよその山場のその4!
この回から突然現実的な話をしはじめるので、その点ご了承いただける方だけ、同時に更新するその5と合わせて最後までどうぞ!


Q.あなたの推しに配偶者や恋人が出来たらどうしますか?
f:id:ka_ri_ng:20170204021332j:plain


その他のご意見

  • 受け入れないけど降りない
  • 推しの結婚という呪縛に苛まれながらリア恋を続ける
  • 携帯の電源を落として失踪する
  • 出来てもいいから存在を隠して欲しい
  • 結婚したら隠さずに報告して欲しい
  • 自分も綺麗になって恋人を作る
  • おたくは続けると思うけれどリア恋の自分はいなくなると思う
  • 相手により受け入れるが、受け入れきれない自分を戒める為半年山寺に籠って修行する
  • 奪う、別れるまで待つ
  • 推しを殺して自分も死ぬ
  • 恋人がいるのを知っているので、いっそその人と結婚して欲しい


かりん:「いてもいい・出来てもいいから隠して欲しい系」が多い中、「結婚したら報告して欲しい、後からわかった方が辛い」という回答の方も結構いました。これは確かに分かれるな~。
絶対に隠し通せるなら隠して欲しいけど、それが出来ないなら最初に言って欲しいって言う…推しとおたくの駆け引きだな…。
優子:「わたしは貝になりたい」でとりあえず笑いすぎてしまった、気持ちはわかる。
ミナミ:私は「後々バレるくらいなら報告してほしい」「でも報告されたらされたで悲しい」って気持ちどちらもわかる…もちろんそれがおたくのエゴだってことはわかるんだけどね。既婚の事実を死ぬまで隠し通してもらえるならそれが一番有難い。
なつき:既婚の事実を隠し通す!なるほど……。本来だったらおめでたい出来事の結婚だけれどもファンがつくお仕事をしている限りはどこかで誰かがその事実に泣いてるってことだもんな~。みんながみんなお祝いできるファンってわけじゃないもんね。
かりん:前回も似たような話になったけど、「結婚」「恋人」っていうの事実がおめでたくないおたくもいるし、そこはめでたいんだけど「推しが変わってしまう事」を危惧してしまうおたくもいるわけで…。

ミナミ:あと「推しがそもそもゲイ」「推しが女子で自分がビアン」とかの回答があって、前も性別の話は出たけどこれって「推しが二次元」に近い部分あるかもなぁと今回の話題の場合は思ったかも。もしトゲがあるように聞こえたら申し訳ないのだけど、「物理的な意味で相手の恋愛ターゲット層ではないのだけど好き」という意味ね。
かりん:結局「超えられない壁があるとわかっているのに感情が止められないから辛い」のではないのかなという印象は私もあるな。
元より私が本当に性別を気にしない人類だから、余計に「別に誰が誰を好きになっても自由でしょ?」の性別パターンも応用してしまうというか。性別だって肩書きだって関係ない、「あなたが好きな人を好きになるのは自由、ただ叶うかどうかは…」という所というか。
優子:なんとなく言葉の選び方が難しいんだけど、「推し」っていう第三の性別があるとか、「二次元と三次元の間」とか、後は「身分の違い」っていうとちょっと違うのかもしれないんだけど、「結ばれない前提のものを好きになってしまった」っていうある種、昔の少女漫画タイプのものはあるかもしれないなってちょっと思った。
要は「恋愛対象ではない」って解ってるのに「好きになっちゃうしその気持ちが止められない」のがリア恋おたくで、でも今は「恋愛対象になりえてしまうパターンもある」から厄介な部分があるなって印象かも。
ミナミ:「推しに彼女がいるのかどうか気になるがそれを知る術すらない」ってコメントもあって、一言でリア恋おたくと言っても人それぞれ違う“超えられない壁”を感じながら生きているんだな…って苦しくなった。
性別問題もだし、上に挙げたようなそれゆえの苦しみもあるし、大多数の方がしているようなリア恋は推しに恋人ができた時に「自分じゃダメだったのかな…(物理的に、という部分だけ考えれば)」という可能性があるゆえの苦しみも生まれてくると思うし。

なつき:あと女子ドルのおたくやってると高確率で「女の子が好きなの?」って聞かれるんだけど私の場合はぜんぜんそんなのなくって。でも恋愛対象として追ってるような女オタの子もいるだろうし、そこはそれぞれかな。
私は推しに彼氏がいたとしたら「絶対にバレないようにだけ気をつけろよ!!あとは楽しくやれ!!」って思うんだけど(笑)、彼氏がいてショックを受ける女オタだってもちろんいるだろうし。彼氏もいるしビアンじゃないけど推しに対して「それはもう恋なのでは?」っていうくらい独占欲が強い子とか、周りにいたなあ……。
かりん:女の子は特に友情の奪い合いとかあるしなあ。「私にとって大事な子」っていうのの独占欲は強くなっちゃうのかも。でも、恋じゃない……。
優子:あとは女子推しの女子おただと「それだけで美味しい現場」とかもあるしね、ちょっと違うかもなんだけど。男子推しの男子おたは結構それを見かける。「男だから」っていうので多少認知や優遇されるのが早いから、余計に嫉妬が強くなっちゃったりとか、知らず知らずの間に独占良く強くなってしまうパターンはありそう…。
ミナミ:性別や恋愛感情は関係なしに「大好きな人に自分を好きでいてほしい、その人にとっての一番でありたい」って気持ちが生まれることは全然あると思う。例えが極端かもしれないけど、母親が第二子を授かると第一子が「お母さんを取られた!私を一番に可愛がってくれてたのに!」って気持ちを抱くのに似てるかも。他者に取られるのが悔しいと感じたからといって、それが絶対に恋愛感情だとは限らないよね。
かりん:もうその感情は「おたくに限った話ではない」って感じになってきたな……。
優子:しかしそれを余計にこじらせるのが「おたく」と……?
ミナミ:おい、やめな。



Q.リア恋をやめたいと思いますか?
f:id:ka_ri_ng:20170204021357j:plain


かりん:むしろ、やめようと思ってやめられる人はこのアンケートには回答していない気がしてきた。
優子:追記のメッセージで「やめようと思ってるけどやめられない」があって、そこがネックだよなって。
かりん:結局は皆「わかってる」んだよね。リア恋否定派の方のコメントの多くは「みっともないからやめて欲しい」的なのが多かったのだけど、そんな事は解ってて、頑張っても叶う可能性が低いのもわかっていて、それでもやめられない、つらいっていうのが「リア恋おたく」なのかな~とも。
ミナミ:そうだよね、みんななりたくて「よーし!今日から私はリア恋おたくだ!」ってなったわけじゃなく、気付いたらなっちゃってただけなんだもん。やめようと思ってスパッとやめられるわけがないよなぁ…。
なつき:そもそもリア恋って罪なのか?っていう気も……。「やめたいけどやめられない」ってなんかすごく罪深い印象が……。
繰り返しになっちゃうけど思うは自由だから、罪の意識みたいなものは抱えなくてもいいんじゃないかな~。ストーカーとか犯罪行為にまで及んだらもちろん話は別だけど。
ミナミ:「リア恋は罪なのか?」そう、それ。別に罪ではないのに罪になっちゃうのが今のおたく界隈で、でも罪扱いになるまで周りを不快にさせてしまったのも当該のおたくの可能性があるからもう……こう……。
優子:やめて~~~闇落ちしないで~~~!!
かりん:で、じゃあ「どうしたらやめられるのか」っていうのを考えた時に実際の行動に移ってくるのかなと思って。そんなこんなで次の質問は「かつてリア恋をしていたが、やめた」の方にも合わせて聞いています。
敢えてヤバイ回答も載せてますが正直それは場合によっては危ないパターンもあるんで本当にこのブログでは一切責任を負わないからな!!!



Q.リア恋を成就させるべく頑張っていることがあれば教えてください。

念じる系

  • 神頼み
  • 初詣で祈る
  • 共演者の女にことごとく呪いをかけ続ける
  • 彼女に呪いをかける(手は出さない)
  • 来世で結婚するために日々徳を積む

おたくとして頑張る系

  • コンサートや舞台の前席に入り続ける
  • まめにプレゼントや手紙を送る
  • SNSで存在アピールをする
  • とにかく貢ぐ
  • 公式、非公式問わず現場に通う
  • 公式的に出ている情報は全てチェックする
  • 現場で悪目立ちしないように謙虚でいる

自分磨き系

  • ダイエットをする
  • 現場で一番可愛くいられるようにする
  • 言葉遣いや所作に気を使う
  • メイクの研究
  • 清潔感を保ち、笑顔を絶やさない
  • メンタルを鍛える

実力行使系

  • 推しの周辺に人脈を作る
  • 業界へのコネクションを増やす
  • 推しの最寄りを特定して偶然を装う
  • 推しと同じ美容院や飲食店に通う
  • 他のおたくにおたくである事をバレないようにする
  • 外堀を埋めまくる
  • 推しの行き着けの店で働く


かりん:これ以外に「成就させる気はない」が一定数いました~。
なつき:すごい、推しのリアルに興味がない人からすると実力行使系は未知の世界すぎる……。
優子:でも、この回答で圧倒的に「リア恋で終わらせる気がある人」と「なんとしてでも成就させたい人」に分かれたね。実力行使系で羅列すら出来なかったようなものは、私も「え?嘘でしょ?」みたいなのあったけど、ハイリスクハイリターンで「現実世界の人と交流しようと努力してるのは感じた。
逆にそうじゃない人は「あくまでも推しとしての推しにリア恋してる」っていうか…言葉が難しいんだけど、おたくとしての自分が大事な部分はあるんじゃないかな?
かりん:それはある。実力行使は自分で夢を踏みにじりに行く行為なのと、一度知った事実ってのはもう忘れられないんだよね。だから「おたくをやめる覚悟がない」とやってられないし、逆に言えば「おたくをやめてもいいから成就させたい」人たちの動き方だなあって。
ミナミ:確かにそうだね。
かりん:後は「おたくとして認知されない様に動いてる」時点で最早つながり狙いというか「リア恋おたく」の「おたく」の部分が死んでるかもしれないな~とは思った。
「あくまでもおたくの延長線上として成就させたい」のか「おたくの面は捨ててもいいから成就させたいのか」で行動方法も変わってくるかな~って。

優子:ちなみに、狭い界隈だと良く行くお店とか最寄とかは行っても許されるものなの?有名なアイドルだと美容室紹介とかはあるけど……。
かりん:許されない!!!って言うのが世の中の意見だとは思うんだけど、許される場合があるのがこの話のややこしい所かな。
でもその場合は、推し側がおたくに対して好意(種類を問わず)を抱いていて、プライベート空間に介入して来ても良い場合によるから、「こっちから無理やりやっていいこと」ではないね。それは間違いない。
ミナミ:ていうか推しから「ストーカー行為を誘発される事案」はわりとどこの現場でも聞く。特に推しが男子で、おたくが女子だと「追ってきてもいいよ?まあヒントあげてるだけだけどね?」みたいなのが何故か勃発するんだよね。
なつき:ストーカーを誘発してくる推し!?そんなの女子ドルじゃ聞いたことない……。女の子がそんなことしてたら身の危険に繋がっちゃう。
かりん:確かに女の子は聞いた事ないかも……。勿論、現場の規模や状況、推しの性格による部分がかなり強いからどの現場でもある事案!って訳ではないんだけど、よく行くお店だったり住んでる地域がわかりかねない情報を「そのおたくの良心を信じて」教えてくれるケースがあって。
ミナミ:この「推しからストーカー行為を誘発される」とか「オフレコで何かを教えてくれる」って状況、ニュアンスがすごく難しいのだけどある程度自分の中で「OKなこと(許されること)」と「マジでやっちゃダメなこと」の線引きができてるという点と、なおかつそのラインが推しの思う「OKライン」と同じ(もしくは推しより厳しめ)かという条件が揃ってないと大変なことになるんだよな…。
かりん:良心を信じて教えてくれた事を言いふらしたり、あとは「自分は何でも許される存在!」って調子に乗って本当にヤバいことまでしちゃうと、推しからの信用もガタ落ちだし、下手したら推しの周りから推しの信用もガタ落ちするという地獄…。
ミナミ:そうなんだよ、様は人としての信頼度の問題というか。「自分が得したい!」がいつまでも表に出すぎてると、「現場(SNS)で有名なおたく」にはなれても「推しから信用されるおたく」にはなれない気がする。


悪いのは「リア恋おたく」だけなのか?


優子:ちなみに、私はこういう事をやって成就させようとする人がいる事自体は嫌じゃないんだけど、「私は知ってます!」ってドヤ顔でSNSに書いてるおたくが嫌い……って話は前の質問で話しながらも語り足りなくて(笑)、それはリア恋おたく勢からするとどう?
ミナミ:あーーー私も苦手だから少し話したけど広げたい…!SNSに書いたり言いふらしたりすることで優越感に浸りたいんだろうけど、そんなことしたら自分だけじゃなく下手したら推し本人も叩かれるし、結果推しに警戒されて誰も得しないのにって思っちゃう。
優子:あ!?やっぱりそれはリア恋勢でも嫌だって思うんだ!?
かりん:というより、本来であれば別に自慢する事ではないよね。出待ちの現場であった事とかもそうなんだけど。
前の話題とも被っちゃうけどもう一歩踏み込んで言うと、「出待ちしてるおたくの方がしてない茶の間より偉い」という事は私は絶対ないと思うし、リスクを背負ってリターン求めにいくおたくは努力してるとは思うんだけど、だからってそれを「知らなくていい層」に知らせるのは決していい事ではないかな。
なつき:うんうん…。
かりん:芸能人にしろなんにしろ「夢を売る」のが仕事の部分があるわけで、その現実に勝手に首突っ込んでるのはこっちでしょ、それを知ることは罪ではないけど「夢を見ている層に現実を押し付ける」のは間違ってるマウント取りだなと私は思う。「サンタはいないんだよ」って子供達に言って回ってドヤ顔してるイメージというか。誰も得しないし、折角の推しの好意も踏みにじるからやめてあげて欲しいなとは思うし、そういう「自称リア恋層」のせいで嫌な思いをしているおたくが怒るのは間違いないし。
ミナミ:まぁこちらに何の害もなければ自滅の道を歩むのはご勝手にどうぞ~なんだけど、実際問題そういう人がいると隠密として生きてるリア恋おたくもとばっちりを受ける場合があるから本当にやめてくれぇぇぇって思うよね。風評被害もいいとこ…。
だからそういう層の事を「ファッションリア恋」って言ってる人たちも結構いるし。「結局好きなのは“こんなに特別な自分”の事でしょ?」って。本当に推しの事が大好きなら、特別扱いしてもらえてる自分も、特別扱いしてくれる推しの事も隠して守りなよって私は思うわ…。

なつき:これ、リア恋おたくに限った話じゃないんだけど本当に美味しい思いをしてるおたくって絶対にそのことを口外しないんだよね。「美味しい」っていう表現だと急にゲスくなっちゃうけど…。
優子:でもそれはわかる!!大した事ない人ほど声がでかい!!
なつき:口外することで自分のやりかたを真似されちゃったりするのを防いだり、あとは接触とかで自分だけに話してくれたことを大切にしたいっていう気持ちもあったり。リア恋してる人もきっと同じで、本当に大事にしてる人はSNSでもとくに公言したり自分に起こったことを書いたりしないから目に入らないんじゃないのかな。
かりん:それな!!!!全力のそれな!!!!!!SNSで自慢できる程度の話は大して美味しくない」んだよね。本当に美味しい事なんてSNSに書いたら大変な事になるし、自分や推しが悪く言われるのも嫌だし、そもそもまず大切な思い出すぎて他人に自慢したいとも思わない…。
ミナミ:結局「リア恋」って免罪符使ったって変わらないことだよね。

優子:あとさっき話題に出てきた「現場(SNS)で有名なおたく」と、「推しに信用されてる(気に入られてる)おたく」が違う場合もあるけど混同されがちじゃない?「尋常じゃないオキニ」みたいな人たちってSNSでは静かで、現場でも斜に構えてる人わりといるよね、もう達観してるっていうか。でもそっか~、そうやって考えると確かに「リア恋層だけが悪い」んじゃないんだな…。
ミナミ:逆に言えば「有名なおたく」で同担にギャーギャーいったり、仕切りたがって声が大きい人が実はオキラ…とかいうパターンもよく見る。「推しのために説教してるの!」って言いながら、それを嫌がられてるのに気づけない…的な。
かりん:おたくの世界で知名度がある・有名って言うのは推しの意見は特に参考にされてないからね……。「推しからのレスがえげつないから有名」とかみたいなパターンは、「有名=オキニ」に該当するんだけど。でもそのイコールはいつでも必ずではないってのを忘れちゃいけない。古参が必ずしもオキニやTOじゃないってのもこれと同じ事だと思う。

なつき:美味しい思いしてるおたくほど隠密も多いしなあ……。それからTOって言葉の意味になんかちょっとズレがあるな?と思った!もしかして若手俳優とかの現場だと「TO=相手に気に入られてるおたく」って意味なのかな?ドルオタ界隈だと必ずしもそういうわけじゃなくて……。
ミナミ:それビックリした!!後からその言葉が入ってきたこっちの界隈だと「一番のオキニ」みたいなイメージ強くて、でも女子ドルだと「オタクの中だけのTO」というニュアンスで使われてるのがそもそもみたいで…?
かりん:私も実はこの話掘り下げるまで「一番オキニ」が「TO」だと思ってたフシがあったので勉強不足を実感してたところで!推しが決めてるんじゃないんだ!?って…。
なつき:そうなの!推しが決めてる訳じゃないから!それでも結果的にアイドル側から見ても一番のファンの人もいるんだろうし、純粋に「一番すごいおたく」っていう意味で使ってるおたくの人もいると思うんだけど。
優子:私はかりんちゃんとかミナミちゃん達と同じニュアンス(推しの一番のオキニ)って感じだけど、でもそれにプラスして「おたくの中でも有名」みたいな印象あったかも~。
なつき:そうだね、あくまでもおたくの中での有名人って感じ。あ!あとは更にそこに「自称」もいるから……(笑)。
ミナミ:どこにもいるなあ「自称」……(笑)。
かりん:つまるところ世間の評価や肩書きよりも推しの気持ちが一番大事で、有名なおたく(強いおたく)とオキニは必ずしも一緒じゃないから、そこも気をつけようねって事だ!自戒になる!!
優子:でも逆に「SNSで声がでかいからオキニじゃない」というのもまたイコールにはならないよね~。古参で現場仕切ってたりとかして凄い信頼されてるオキニもいれば、SNSで有名だし普通にオキニもいるし、やっぱりこれも「ケースバイケース」だね!「○○だからこう!」っていう決め付けはよくない気がする。
かりん:おたく、認知がゆがみやすいから……。

ミナミ:うっかり脱線した話を熱弁しちゃったけど(笑)、これはかりんちゃんが自分のブログに書いてた「リアル」と「恋」と「おたく」の3つは両立出来ないって言ってた奴の、どっちを残すかを聞けばよかったね~。
かりん:確かに!!!
ミナミ:きっと「おたくを続けたままシンデレラストーリー的に成就したい人」もいれば、「おたくを辞めてでもいいから別の面で出会いたい人」もいるじゃん?
優子:付き合えるけどおたくを辞めなきゃいけないor絶対成就しないけどおたくを続けるかの二択って事だよね???
かりん:でも確約がないから皆駆け引きが長引くっていう……。
なつき:いやー難しい。きっとリア恋してる人の数だけリア恋のパターンがあるんだな……。
かりん:まさにそれ!そんなおたく達の「ゴール」は一体どこなのか?というのがこの議論の最終質問です!!



Q.あなたにとって「リア恋おたくのゴール」はなんだと思いますか?

  • リア恋おたくをやめる(おたくを辞める・おたくは続ける両方あり)
  • 相手の事を嫌いになる
  • 現実で恋人を作ったり結婚する
  • 連絡先を手に入れる
  • 友人でもよいので相手と対等な関係になる
  • 結果は何でも良いので気持ちを伝えた時
  • 推しと付き合う、結婚する
  • 推しの家族でもよいから結婚して親族になる
  • 推しの最期を看取る
  • 自分が死んだ時
  • 来世で幸せになる


かりん:ここも「諦める方向」なのか「結ばれる方向」なのかで意見がわれました。結局この質問も正解を定めるんじゃなくて、それぞれに正解があるのが知りたかったから意見がバラけて面白かったです。
優子:ていうかかりんちゃんはある種一回「ゴール」してるよね。
かりん:そういう事になるね、ただあの時の私のゴールはあれだった感じかな。あとは「リア恋おたくにゴールはない、永遠に苦しむのがリア恋おたく」系の回答が多数あって、ああ、まさにそれだなって思った。
自分でも書いたのだけれど、リア恋おたくを続けてる間はゴールがなくて、リア恋おたくをなんらかの方法で卒業した時がゴールなのかなって今は思ってる。
なつき:そのゴールがそれぞれ違うから、個々で探して納得がいくところにたどり着かないといけない、と。さっきのリア恋の数だけパターンがあるっていうのと同じで、ゴールも全員違う……。
かりん:そうそう。そしてそれを皆がわかっているのに苦しむ、という……。
優子:だって推しの事をおたくとしても好きだし、リア恋としても好きだったら両立は出来ないもんな~。「どっちか選ばなきゃいけない」けど、「選ぶ権利はこっちにない」部分もあるし、「選んだ所で確証もない」んだもんね。
かりん:その辺りは実際の恋愛でも一緒なのかもしれないけど、リア恋のおたくは一歩踏み出すにあたって「おたくをやめる」っていう選択をしなきゃいけないから重いんだろうね。
でもリア恋のおたくはどうしたら幸せになれるのか?どうしたらゴールなのか?っていうのは、結局「リア恋をやめるか、おたくをやめるか」なのかなと私は思ってる。
成就するんでもいいし、フラれるんでもいいし、他に好きな人が出来るのでもいいし、「なんらかの着地点が見つかる」時がゴールで、その時にはもう自ずと「リア恋おたく」ではなくなってるというか。
ミナミ:結局自分の中で気持ちの整理がついた時って感じかな?
優子:でも、リア恋を叶えようとするあまりに「おたく」の部分が楽しくなくなっちゃったら意味がないし、そもそも「おたく」だったから今の推しにめぐり合えた訳で、「おたくとして出会わなかったら…」っていう話も色んな所で見かけるけど、そこは完全に二律背反で辛いやつだな。例の「それを言い始めたらなんとやら」っていう奴だよね?
かりん:その奴(笑)。「出会いからやりなおせたら」って思いながらも、この出会い方してなかったら推しとはこの関係にはなってないわけで、結局の所それは絵空事だから「事実を受け入れてそっから現状どうしたらいいのか」を考えないと答えにはたどり着けないし、自分を責めてばっかりになっちゃうから辛いと思う。
「覆水盆にかえらず」じゃないけれど、おたくと推しとして出会ってしまった以上、それはそれで素敵な事だ!ってきちんと認めて、「じゃあこれからどうしよう?」ってのを皆がゆっくり考えられるといいんじゃないかな~。まあ……こちとらそれを見つけ出すのに相当年数持ってかれてるんで……。

なつき:ふと疑問に思ったんだけど「おたくとして好き」が消滅するパターンってあるのかな?それも人それぞれか。
かりん:リア恋こじらせすぎて「おたくとして関わらなくていいな」ってパターンもあるし、逆に推し変するのと同じようにいきなり興味がなくなるパターンもあるかも。仰るとおりに人それぞれかな…。
なつき:前々回でも言ったけど、せめてリア恋してる人たちに告白する権利とフラれる権利があったらいいのなって思う。普通の恋愛でも「はっきり振られないと諦めがつかない!」ってことはあるし……。
優子:でも「商売」が絡んでいる以上、推し側も「お客さんとして大切だから傷つけたくない」みたいな気持ちも発生してくるんじゃないかな?
かりん:だから「おたくとして出会わなかったら……」になるんだよ!!
優子:あーーーー!!!!なるほど……。
ミナミ:なんにせよ「結論は焦って出そうとしない」のが良いのかもね。気持ちに簡単に整理がつく人ならそもそもこじらせてないだろうし。あと、他人と比べない。だって幸せの形は人それぞれ違うんだから。「誰々がこうだから私も!」じゃなくて「自分、推しにとっての幸せの形とは?」を考え続けて、納得いく着地点を見つけられたらいいね。
かりん:つまるところやっぱりケースバイケースなんだな~~~。でも、それがあるからこそ誰かに相談したいじゃない。でも相談できる相手がいないから煮詰まる、煮詰まってSNSに発信しちゃって叩かれる。その連鎖はやめて、「一方的な発信」じゃなくて、きちんと言葉にして聞いてくれる人とゆっくり話しながら自分の気持ちを整理して、皆がみんな「自分なりの幸せ」を見つけられるように祈る……。
悩むのが「リア恋おたく」の宿命ならば!悩んで喚いて、でも必ず最後にはなんらかの形で幸せになってくれ!!!
「おたくとして出会わなかったら……」は残念な事に現世ではない!!!!!
出会ってしまった以上、ここからどうするか考えよう!!!!

そんなこんなで対談形式の形は一旦終わりになりますが、まだまだ濃い話が残っているので、よろしければ最後までお付き合いください!


boomerang.hateblo.jp



なんでもフォーム
ご意見、ご感想やご質問、「ブログでこの話して欲しい!」、企画持込みなどなどありましたら
お気軽にこちらからどうぞ。