読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちもこっちもブーメラン

3次元の無限の可能性、さぐってみます

第4回「意味が変わったおたく用語」~パート1~

※はじめましての方はまずこちらから。

意味が変わったおたく用語(いみがかわったおたくようご)

若手俳優おたくの「一部の界隈」にどこから輸入され「わりと悪い意味」で使用されていたが、いつの間にか市民権を得て、若手俳優おたくの公用語になっている言葉のこと。
そもそもこれらがどういう意味合いだったのか、いつから公用語になったのかをなんとなく考えてみるシリーズ。
その内続編をやると思うので、とりあえずパート1をつけてみた。


------------

あいさつ


かりん:こんにちは、かりんです。本日は今までの対談形式とちょっと変えて「自由研究」パターンにしてみました。舞台の予定が詰まってきたので息抜きも含めて!

敦子:わたしも夏の舞台に向けてアップ始めたわ。

かりん:そうなんですね、たまたま連ちゃんで更新できていたけど元の忙しさに戻ったという。
このシリーズはなにかというと普段から「この言葉いつの間にか皆使ってるな!?」みたいなのが増えたので、2人でちょっと調べてまとめてみたりなんだり。
きっとこのブログを数年後読んだらまた意味が変わってそうだな~というイメージ。

敦子:数年後にこのブログを読んでいるという状況が怖すぎるけどな!!
でも5年違えば意味もまた違うんだろうなあ、と。

かりん:だって私は5年前もおたくだった!ということは5年後もおたくだ!忘れてしまうようなことはネットの海に放っておこう!
という訳で、パート1の今回は「追っかけ」「厨」「現場」「ぶっこむ」「推し」の5つの単語について!もちろんここに載っているのはあくまでも私たちいちおたくの記憶と調べによるものなので、いつもどおりあしからずです。
それでは下記からちょっとはやめの自由研究の発表をどうぞ!

------------

追っかけ(おっかけ)


2015年現在広く使われている意味合い
舞台コンテンツや、若手俳優、タレントを生で見られる会場に足を運ぶ、熱量の強いお客さんのこと。また、それらの行為・趣味全般をさしてこの単語が用いられている。
若い男女が催しをする会場に足を運ぶ趣味自体がポピュラーになってきた為「追っかけ」という言葉の意味合い自体もライトな意味合いになったように感じられる。
趣味の範疇のポジティブな意味合いで使われているため、法に触れない行動に関して使われている。

使用例
「え?私の趣味?若手俳優の追っかけかな~」
「今月の追っかけ費用結構やばいかも……」


そもそも使われていた意味合い
いわゆる「入り待ち」や「出待ち」、更にそれ以上の行為をする一部のファン自体をさす名称、及びそれらの行動を指して使用されていた。
ジャニーズで言うところのオリキ*1に相当する部分だと思われるが、ヤラカシ*2状態のファンも若手俳優ではこの位置にくくられていた。
いわゆる「やりすぎるとストーカー行為になりかねない行動」の一歩手前(感覚は人により異なる)みたいな扱い。
少なからず2009年辺りまではこちらの意味で使用されていた記憶がある。

使用例
「え、だってあの子追っかけでしょ?仲良くなれないよ…」
「追っかけするから今日は帰り遅いかも…」


発祥元
なんとまあそもそもの「追っかけ」という概念は明治20年頃からあるらしい。(調べてびっくりした)そんな「追っかけ」という言葉の意味合い自体は、その頃から2000年代までは変わらず使用されている。
現在のいわゆる「追っかけ趣味」のような意味をさす言葉としては、2000年を過ぎた頃からぼんやり使われ始め、3次元コンテンツの市場が拡大して、その趣味を持つ人間が増えるとともに広まっていったかと思われる。


敦子:ツイッターとかで追っかけって言葉はわりと使いづらいよね今でも。
どっちの意味で取られるのか五分五分なイメージ。

かりん:追っかけという言葉に関してはそもそもゆがんだほうが輸入されてきたイメージだけど、本来の意味合いとしては「追っかけはストーカー行為」的なことも言われてるし、おたく社会的にまとまった概念がないのかもしれないね~。
ただ使ってる人はミスリードを狙ってる人も多いのかな~。ちなみに私はその時々に合わせて適当に使ってます。


------------

厨(ちゅう)


2015年現在広く使われている意味合い
「○○くんのファン」という意味の単語。ジャニーズで言うところの「担当」、K-POPなら「ペン」、女子ドルだと「推し」的なニュアンス。
タレント個人の名前のほか、グループ名、事務所名の後にもつけられる。
以前に比べて、3次元だけに留まらずおたく社会で広く使用されるようになったが、そもそもあまり良い意味合いの言葉ではないため、使用しない人も多数いる。

使用例
「Aちゃん、事務所厨なんだって?」
「えーー山田厨なら仲良くなれない!」


そもそも使われていた意味合い
上記の「追っかけ」行為をするおたくに対して、disり目的や、一般のファンと区別する為に使用されていた、完璧に「悪意のある言葉」である。
「厨」同士は自分達が追っかけ行為をしている事を互いに解るために「○○厨のAちゃんですよね?」と言った感じで、他称するために用いられていた。
それがその内、自嘲も込めた自称をするようになり、いつの間にかそれを耳にした一般のファンにも広まり、使用されるようになった印象。

使用例
「げっ、田中厨のBちゃんまた来てるよ」
「あの子吉田厨なんでしょ?やばいよね…」


発祥元
大型掲示板のネットスラング「厨房」が元。そもそもは幼稚な発言や、自慢が多い「まるで中学生みたい」な書き込みをする者に対して指す言葉である。
それらが一部の隔離された掲示板でおたく用語として使用されはじめ、当初一般のファンは使用していないどころか知りもしなかったはずなのだが、2008年辺りを境に急速に広まり始め、現在では相当な市民権を得ている。


敦子:俳優の世界で担当という言葉を使うと鼻で笑われる文化はいつまでも変わらないんだろうなという未来予想。

かりん:俳優界隈で「○○くんを応援する人」に対応する言葉がまったくないんだよね。
「誰のファンですか?」→「○○くんです」とか「○○くんを応援してます」というのに対して、一応存在してるのが「厨」というイメージ強いかも。


------------

現場(げんば)


2015年現在広く使われている意味合い
舞台やイベントなど若手俳優などが出演している催し、その会場や場所のことを指して広く使われている。
3次元コンテンツを通り越して様々なコンテンツにおいての共通認識用語で、どこの界隈に行っても「現場」と言えば伝わる様になっている。

使用例
「今週、毎日現場あるんだ~楽しみ~!」
「8月からぜんぜん現場ない…ヤバイ…」


そもそも使われていた意味合い
舞台会場、イベント会場での出待ち入り待ちをする場所や、稽古場など「追っかけ」の子達が活動をする場所を指して狭く使われていた。
追っかけ行為をしないファンからすると聞く頻度が少なかった単語シリーズ。特に潰えた言葉でもないので、こちらの意味としても普通に存在している。

使用例
「今日の現場どうする?」
「今月動ける現場が少なすぎる!」


発祥元
そもそもの意味合いとしては、仕事現場などを略した「現場」からではと予想。さらにそれを用いたジャニヲタ用語から若手俳優界隈に以前使われていた意味合いでは持ってこられている。
近年女子ドル文化が盛んとなった事で、「現場組」「在宅組」という意味での現場(現在広く使われているもの)が広まった結果、3次元コンテンツ界隈では主にこちらが使用されるようになった印象。
2つの文化圏から輸入された異なる意味を持つ同じ単語が並行して存在してしまっているところがある。


敦子:敦子はドルヲタなので、わりと茶の間的な意味で使うことも多いです。

かりん:かりんは時の流れに身を任せるヲタなので、すっかり今使われてる意味合いでつかってます。ルーツによって意味が違うのに、2015年現在は使っている人によって意味が変わるのなんかおもしろいよなあ。


------------

推し(おし)


2015年現在広く使われている意味合い
「厨」のもう少しポジティブな意味というか、Aくんを応援してます!という意味で使っている人が多い。動詞にもなるし、肩書きにもなる。
ただしこの言葉自体の重さがふわふわしており、100人おたくがいたら100通りの「推し」の概念があると思われる。
「Aくん推し」を本命とあらわす人もいれば、かつての表現のように2番手以下という表し方をする様になっていて、意味合いとしてはかなりふり幅が大きい単語のイメージ。

そもそも使われていた意味合い
本命ではないが、お金を落としたい「2番手以下」のポジションの子に対して使用していた人が多い印象がある。
「Aくん厨のBくん推しです」というと、Aくんが本命だけれどBくんも応援しています!的なニュアンスが近い。少なからずかつての言葉の意味としては「1番応援している子」ではなかった。

使用例
「Aくん推しとしては主演舞台は全通しないと!?」
「Bくんは推せるけど全部の現場は行かないかな~」
「Cくん推してるから舞台やるなら1回くらい行こう~」
※かつて、現在ともに相当に認識ゆれがあるのでぼんやりと記載。


発祥元
そもそもは女子ドルヲタ用語の「推し」から……の、はず。
この言葉は2011年以降位に使用され始め、そこからかなり分岐をしているため、明確なソースが良くわかっていない。
3次元コンテンツが活性化するにあたり、若手俳優界隈には「自分が応援している人」を差す言語が存在していないために、取り急ぎで輸入をしてきたが、明確な意味合いが統一されていないと言った方が良いかもしれない。


敦子:推しという言葉よりも2推しという言葉のが昔は使われていた気が。
テニモンでいうところのカワユスですね。(3rdのテニモンにカワユスが通用するかわからない)(2人までは追ってもいいというテニミュ謎ルール)

かりん:カワユス懐かしすぎてふっとんだ…。そうだそんな言葉もあったけど消え去って行った気が…。
「推し」という概念について1度きちんとアンケートなどとって研究したいレベルには気になってるのでいつかやりたいんだよね。ここまで軸がぶれてる言葉も珍しい気がする。


------------

ぶっこむ(ぶっこむ)


2015年現在広く使われている意味合い
握手会やトークイベントのヤジなど、本人と直接接触できる現場において「面白いことを言う」「ぶっとんだ質問をする」「何かを引き出す」などの、チャレンジャー的だがそこまで悪くない意味合いを持つ。
自分が行った行動に対して使用することが多い。場合によってはこれらの行動をよく思わないファンも存在するのでその辺りは今回はノーコメントで。

使用例
「今日の接触でぶっこんじゃった~!リアクション超かわいかった!」
「握手会でぶっこむ余裕あるかな?」


そもそも使われていた意味合い
事務所や本人など、公式サイドに対してファン側から「チクる」事を指す単語。
完璧に戦争が勃発する危ない単語の1つ。現在でも闇の世界で秘密裏に使われているとかいないとか。
こちらも追っかけ行為をしないファンからすると聞く頻度が少なかった単語シリーズ。「現場」と同様、元からの意味でも未だに使用はされている。

使用例
「あんまルール違反ひどいとぶっこむよ?」
「ストーカーしてた奴事務所にぶっこんじゃった☆」


発祥元
そもそも論を言うと、一般会話において使用されていた。(一般普及レベルは低いように思える)
そこから持ってきたのか、本来の意味合いだとジャニヲタの追っかけ用語から来ている。
移り変わりとしては2011年ごろから、接触の現場が増えてきた為に意味合いが変化していった印象。未だに元の意味合いで使用しているおたくも多い。
そういえば2007年前後はそういうような事をする場所もあまりなかったかもしれない。


敦子:なんかぶっこむって言ってれば強火っぽいみたいな昨今の文化。
あとよっぽど本人から信頼されてない限り、ぶっこまれて困るほどの認知をもらっている情熱的ヲタの悪口を言うと自分の部が悪くなるからやめたほうがいいです。

かりん:敦子ちゃんが言ってるのは昔の意味合いの方ですな。
人に対してのマイナスな言葉は出来るだけご本尊には言わないのが安全だね~。あと面白いことやるにしても声高々と言うとまたそれはそれで色々あるから難しい。
一般会話でもだけどぶっこめるのってある程度信頼関係があってこそ成り立つのかな~と。


------------

まとめてみよう


かりん:という訳でとりあえず5個並べてみただけでもここ数年で大分意味合いが変わったよな~という印象かな。
なんだろう、若手俳優おたく界隈ってやっぱり言葉が存在してないなっていうのが強いと思った。私がこの界隈に足を突っ込んだ時、明確に意味を持ったオリジナルの用語とか存在してなかった気がする。というより今もないよね。

敦子:元々今の若手俳優マーケットもテニミュ派生だとわたしは思ってるし、二次元沼から来た人たちとJ事務所とかの男性アイドル沼から来た人たちとで文化を混ぜて作り上げてきたみたいなところがあるよね。
後進国って感じ。

かりん:後進国!それだ、まさにそれだと思う。
だから言葉もルールも色んなところから抜粋して何かを作り上げて行って、齟齬が生じてるところはあるかも。
結局「若手俳優界隈」というところのおたくをしている人達が増えてきたし、更にはSNSが盛んになって「皆で使う共通言語」が必要になってきた。だから探り探り色んなところから習ったりして、それでぶれてるものが沢山あるんだろうなあ。

敦子:そうそう。それに若手俳優以外の現場も兼ねてる人が俳優の現場は多い気がする。
ジャニーズみたいに何かのグループ(半永久)というコンテンツを応援という形と違ってコンテンツとして永続的に存在するものがほとんどないしね。

かりん:たしかに~。
後はなぜか悪い意味を持ってる言葉が公用語へと変わっていくのが不思議。悪い意味とか、1部のアングラな場所で使われてた言葉を段々普通のおたくが真似する様になって、SNSの普及でそれがどんどん伝わって、表立って使うようになって…という。この強い言葉とか悪い言葉に憧れてしまう現象は一体何なのだろうな~。

敦子:それは若いジャニヲタの一定数が有名オリキとか有名ヤラに憧れるのと同じ理由なきがする。俳優の怖いところはもっと年齢層高いはずなのに…ってところだが。

かりん:「強いおたく」とか「有名なおたく」ってなんなんだろうね?やたらそこに憧れてる人、年齢問わず多い気がする。
強さって誰が決めるんだろう。少なくとも自分じゃない気がするんだけどな~。あ、これ普通に1回分テーマになりそうだから一旦とめよう(笑)。

敦子:強火()ヲタというテーマは1回話したいよね。
最近の強火の人はガスコンロってよりIHだもん。

かりん:リアルにお茶を噴出してしまった。やろう、そうしよう。
2人とも多忙につき、更新のペースは落ちるかと思いますが引き続きよろしくお願いします。
あとなんでもフォームなぞを設置してみたので、質問やネタなどありましたら匿名でも記名ありでも良いのでお気軽にぜひ~。


本日の一言


敦子
温故知新

かりん
「自分達らしさ」に憧れてる内はまだまだです。(明らかに何かに影響されている)



なんでもフォーム
ご意見、ご感想やご質問、「ブログでこの話して欲しい!」、企画持込みなどなどありましたら
お気軽にこちらからどうぞ。
 

*1:追っかけに力を入れている人のこと

*2:ルールから逸脱した追っかけ行為をしている人のこと