読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちもこっちもブーメラン

3次元の無限の可能性、さぐってみます

第5回「チケットにまつわるエトセトラ」

※はじめましての方はまずこちらから。

チケット(ちけっと)

おたくと現場をつなぐ1枚の紙切れ。
3次元おたくはほぼほぼこれがないと始まらない。
そしてこれにより始まる争いも日々耐えない。
手元に残った半券の枚数は、それだけ戦ってきた証だとかなんとかかんとか。
切り離し無効。たまに切り離されてないチケットが出てくる。


------------

あいさつ


※この対談の前半は8月末にやり取りされているため時間軸がおかしいです

かりん:こんにちは~かりんです。非実在のアイドルに一生懸命になっていたら世の中がアイアの客席くらい涼しくなってしまいました、夏の終わりが近いです。

敦子:どうもーおひさしぶりです。戦場(現場)から帰還した敦子です。おたくのみなさまこの夏はお疲れ様でした!メサイア勢はこれからがんばれ!

か:来週からテニミュもはじまるぞ~~ペダルもこれからだ~~俺たちの2015年はまだこれから!
……というわけで今回は3次元おたくとは切っても切れない関係の「チケット」について巻き起こるいくつかの問題についてフューチャーしてみました。
最近法と倫理の話をするのが好きになってるので「ルール上どう」とかではなくて、とりあえずこのブログはこのブログらしく語ります。学級会はよそで頼んだ。

敦:まあうちらは警察じゃないからね、ローカルルールとかとの兼ね合いと運営の目のつむり具合の中でおたくがさすがにそれはやっちゃいけねーぜみたいなのをひっそり語りたい。

チケット詐欺問題


敦:元々このテーマはわたしから話したいって提案したんだが、それよりも前に最近はおたく活動のためにキャバどころか風俗まで気軽に始めちゃうおたくがいて闇しかないって話をしてたが、詐欺でお金をだまし取るよりはいっそ健全だと思うんだよね。最近の詐欺が横行してる若手俳優界を見てると。

か:あーそんな話したね。そう。なんでまず「お金がそんなにいるのか」って所をした気がする。
SNSが発達して他のおたくの動きが目に見える」ようになったから、自分の持ってるお金以上のことを「やらなきゃ!」って思っちゃうのが闇だ~~みたいなのだったよね。
で、敦子ちゃんも言ってるけど、そこは倫理と個人の解釈の問題だからあくまでも「私たちの考え」として、私たち的には「風俗で働く」「チケットを高額売買する」よりも「チケット詐欺」が一番罪が重いと思う。
ていうかいつからこんなに若手俳優界隈で詐欺が横行するようになったんだろう。これは若手俳優界隈のおたくが良くない知恵をつけちゃったのか、そういう知恵をつけたおたくがこっちに流れてきたのか。

敦:某J事務所とかでは一定数昔から詐欺師がいたのは知っているが、俳優界隈で詐欺があっちもこっちも起きているのは本当に最近の話な気がする。
でも詐欺をしてる子ってわりと若い子が多くて、お金を稼ぐってことを知らない子が多い気がする。

か:物凄く基本のとこまでもどると「お金は稼ぐもの」「お金を稼ぐのは大変なこと」「稼いだ以上のお金は使えないこと」を解ってない子が確実に増えたよね。
「現場があるならチケットは抑えるもの」「お金がなくてもチケットは手にいれるもの」が強くなっちゃって、悪い知恵もついちゃったっていうか。
背徳感がない子が一定数いて、その「悪いことだと思ってない」のが私はめちゃくちゃ怖い。

敦:私とかはわりと石橋を叩いて大丈夫そうだったらそのまま武器片手に猪突猛進していくタイプなのだが、推しに詐欺してることがバレたらどうしようみたいな不安とかは感じないのだろうか。
でもたぶんそういうコって倫理観欠如してるから、都合のいいように事実改変する能力とか備えてるんだろうが……。

か:「推し(事務所)にバレたらどうしよう」とか考えないんじゃないのかな~。そもそも身の回りの友達にバレてもやばくない?
私も独自の倫理観持ってるグレーゾーン女だけど、なんだろうな~。これはよく友達とも話すんだけど、「チケットの高額売買」っていうのは売る側も買う側も値段に納得して個人間の契約が成立してるじゃない。だからどちらも同罪で被害者は存在してないと思うのね。くどいようだけどルールの話はおいといて。
でも詐欺は「騙し取ってる」わけじゃん。詐欺と窃盗は普通に「被害者が存在してる案件」で、最早グレーゾーンっていうか真っ黒でしょ。その微妙だけど越えちゃいけない一線の理解が出来てない気がする。
ていうかなんで他人を騙してまでしてお金を手に入れたいのかがわからない。いやわかるんだけど、わかるんだけど、その一線は越えるところなのかなあ。

敦:チケットを転売して金を儲けるっていうのと、架空のチケットを売りつけて金を儲けるとの間には大きな差があるってことよね。
架空のチケットも困り者だが、最近友達のチケットを勝手に転売する輩もいると聞いて若い子怖すぎると震えている。

か:そう!それですそれです。
実在してるチケットに価値をつけるつけないは個人判断だけど、架空のチケットは「嘘」じゃん。世の中は等価交換でしょ。代金を貰ってるなら契約遂行してそれ相応の品(つまりチケットである)を渡さないと。代償もってかれちゃうぞ。
えっ??????友人のチケットを転売とは?????やっぱりここはスラム街になってしまったの????

敦:一緒にいるときに本人に気づかないようにとっちゃったり、一緒に取ったチケットを勝手に転売したり…?
結局それで友達と拗れて現場来れなくなったら本末転倒だと思うのだが(頭をかかえる)。

か:それ普通に窃盗では……。えっ?ちょっと今怖くてふるえた。
ていうか「友達から盗む」って凄いね?例えるならば敦子ちゃんが私のチケット袋からチケット盗んで売ってるって事でしょ?次にあったらおたくとしても物理的にも半殺しじゃない?

敦:もし私がY虫ペダルが好きでそのプレミアムチケットを勝手に転売されたりしたら、どれだけ仲よかろうと社会的に殺すね…。
だって一度手放したら手に入らないもの…。
でもそういうことをする子がいるんですよ!話が回ってくるのですよ!

か:あーでもそういや私も昔友達に「体調不良でいけなくなっちゃったからチケット譲った」って当日突然連絡来て、3人組で2連+1枚にしてたから「じゃあ座席交換しよう」って連絡したら音信が途絶えて、席についたら隣に知らない人がいて「オクで買いました。」って言われたことあった。
その時はもう一枚のチケットのが前だったから座席を変わってくれたんだけど、普通に友達だと思ってた人にそれやられたのがショックだったな~。
友人関係にしろ友達関係にしろ信用問題なわけじゃん。もう今は信用をいかに踏みにじるかのゲームになってる気がする。譲渡にしろ交換にしろ。

敦:そう、チケットって結局金券のようなものなのだし、信用して取引しているというか。
私はいつもお金振り込むたび、詐欺にあったと思ってチケット送られてきて、詐欺じゃなかったっぽい!と思うことにしている。
けど、そういう詐欺するリアって頭弱い子もいるから、ツイッターにある情報で学校とか地元とかバイト先とか特定できちゃう場合もあるんだよね。
友達が詐欺にあいかけて、全力で特定して学校に連絡するぞって言ったら慌ててチケット送ってきたことがある。

か:沢山紙切れもってるから忘れがちだけど普通に野口さんとか樋口さんとか、場合によっては福沢諭吉さんより価値のある金券だからね…。
あーーーーーー。なんていうか、凄い浅はかだと思う。悪知恵をつけてる癖に、詰めがあまいというか。いやおたくが100人いて100人がプロ詐欺師じゃまずいんだけど。
ビビって謝るくらいなら最初から道を踏み外そうとするなよ!!っていう。なんかそれも違うんだけど。
悪いことやるならそれ相応の覚悟を持ってやった方がいいと思う。悪いことやってるっていう自覚がなさすぎる。お前の人生の逮捕歴はそんなくだらない理由でいいのか!?という。

敦:そうなんだよね。俳優厨なんて金持ち趣味やってるくせに、お金が欲しくてやりましたって恥ずかしいよ!
毎日ちゃんと三食ありつけてあったかいおふとんで寝てるんでしょ?!っていう。
祖母にねだるなり持ち物を転売するなりバイトするなりしろや!という。

値下げ交渉と値上がり問題


か:でも結局そうやって詐欺をするのって「チケットは高くなる」っていう常識が出来たからだと思うんだよね。
私そこでいつもすっごい気になる事があるんだけど。

敦:なになに?

か:S席A席とかプレミアムとかもしかりなんだけど、つまるところ「前方には価値がある」というものさしが1つあるじゃん。
で、「悪い席の値下げ」を待つおたくが世の中には沢山いるでしょ。
なんかさあ、その「値下げを希望してくるおたく」が、値上がりしてるチケットについて叩いてるのって私は物凄い解せないんだよね。

敦:それすごくわかる。この話前にもした気もするけど、グッズ転売とかしてる奴に限ってそういうのに怒ってるって話な!
最初の先行は定価なんだから気合で当てよう。
某事務所の年末イベチケがヤフオクに出品されるたびにみんなで違反通報しましょう拡散希望に毎年恒例げんなりする。

か:それ!それなんだよ!自分のことは棚に上げて、気に食わないものはルールにのっとって叩くのすっごい変。
「そのチケット値下げされませんか?」って聞いてるアカウントとかで「ダフ屋呪う!」とか言ってるとめちゃくちゃ気持ち悪い。
これは本当に私の勝手な調査の結果にすぎないけど、「値下げ希望」を言ってる人ほど「ダフ屋撲滅」を掲げてる気がする。
言っとくけどお前がそうやって「後ろの席だから値下げして」って言ってるその事実がまさに、前方の席の価値を高めてるけど大丈夫かな!?って思ってしまう。

敦:てかそんなに前方にこだわる意味も不思議だよね。推しの出てる作品なら最前一回くらいは〜とは思うけど、
実際見やすいのって真ん中あたりというか通路後ろあたりじゃん。
てか2、3列目って段差なかったりするし、そしたら見えづらいし、前方こそ全てみたいな風潮は何なんだろう。

か:それこそプレミアムだなんだで前方を煽ってくるビジネスになってるのも焚きつける要因の1つではあるよね。
あとは舞台に対して、作品としての価値を見出してなくて「どれだけ推しを近くで見るか」「推しが自分に気がついてくれるか」「どれだけ自分が前方のチケットを持っているか」を念頭においているからでは?と思う。
ライブとかイベントなら話は別なんだけど、舞台自体を楽しむなら後方から観て、上手から観て、下手から観て、最前で観て…ってのが私的には1番作品を満喫した感はある。
まあ最早何も期待をしていないけれど推しを人質に取られて最前で通うことでしかにっちもさっちもいかない案件もあるんだけど……。
ちょっとその辺また次回以降掘り下げたいよね。
あと大声をあげてダフ屋が悪い!って言ってる人達は実際問題なんらかの行動に出てからSNSでキレて欲しい。

敦:かりんさん昔ダフ屋に絡まれたことあるんだっけ。

か:そうそう~。本当に若気の至りというか若かりし頃の話なんだけど。
昔は会場の近くにいわゆる「チケットあるよあるよ~。」みたいおっちゃんがよくいたんだけど、私は当時からヒネたおたくだから絡まれた時に「持ってるからいりませ~ん!」って言ったのね。
そしたら向こうも負けじと「お姉ちゃんよりいい席あるよ?」って言ってくるわけですよ。
で、しつこいし普通に腹が立ったから「最前のセンターなんですけどそれよりいい席なんですか?」って聞いたら黙っちゃったていう。
ダフ屋って意味不明なフレンドリーさがあるから「どうやって仕入れてる?連絡先交換しない?」って聞かれたから「愛の力で定価です、あと貴方たちと組んでも私にメリットがないから結構です。」って言って断ったんだけど、なんでダフ屋に認知くらってんだってキレてた。

漠然と「ダフ屋こ○す」とかいってるより、もうちょっと実態に近づいて的確な行動をとった方がいいと思うんだよね、オークションの違反報告するんでもなんでもいいんだけど。SNSで大声あげてても撲滅には近づかないのだ……。
しかし今考えると普通に危ない橋を渡りすぎてて、よく自分は生きてるな……。
よいおたくはまねしない方がいいと思うんで気をつけてね!!!

システム手数料問題


※ここから時間軸が11月にもどります

か:というようなところで季節が秋を通り越して冬が近づいてきてしまったわけです。
テニミュはこれからだ!」という冒頭の文章は本来はルドルフ戦の凱旋を指していたのに、飛び越えて山吹戦の話になってしまった…。メサイアもペダルもとっくに終わりました。

敦:わたしもなんだが、、、戦場にまた赴いて帰還し、そしてそろそろまた戦場に赴く季節がやってまいりました!

か:時を越えても会話の続きが出来るブログって便利だな!というわけで敦子ちゃんが次の戦場に行く前に次は各社の「システム手数料」問題です。
問題というかまあ必要最低限の費用だと思うんだけど、にしても近年手数料が上がってるあそことか、あそことかはあまりにも高すぎてなんなんだ~という。

敦:こないだリア友もぱふゅーむさんの展示かなんかの前売り券の手数料が定価(たしか500円?)より高い!って怒ってたわ。

か:そうなんだよ、最近手数料コミ前売りのが定価より高かったり、下手すると当日券より高くてヤバイ
「直前手数料お得0円!」とか言われても何がお得なのかわからなすぎる…。
でもチケット会社も各社ブラックというか大変だからガンガン手数料が上がるんだろうな~と思ってるんだよね、皆チケット流しまくるし。

敦:それはわかる。
自分の仕事でイメージしてみたら、うーんこりゃ手間賃上乗せしますわってなるしね。
てか先行も数多すぎるんだよたぶん

か:だって自分が精一杯座席の割り振りしたのに、皆が捨てアカ作ってガンガンながしたら全部やり直しなわけじゃん?やってらんないよね。
善人ぶるつもりは一切無いんだけど、私は元からチケットは絶対流さない主義だから「手数料高すぎ!」って言ってる人で「チケット重複したから流します><」って言ってるの見ると、だからそれも首絞めてるよ~ってなっちゃう。
先行数多い案件も、正直「売れてます!」アピールしたいんだろうけど、バラせばバラすほど戦場を潜り抜けてきた同じおたくが沢山チケットを持つ状況が出来てしまうんだよな~。

敦:そうなんだよね。
わたしも友達の名義のは極力流したくないから、なんとか呼び寄せるなり売りつけるなりしてとりあえず発券してみることが多いかな。
結構みんな流すよね、なぜなんだろう。とりあえず払えるだけの分だけ名義かけようよ?!

か:計画性と自分の払えるお金わかってないおたくが増えすぎ!!!
私は貯金+カード上限をオーバーする金額以上は名義かけない……。
チケット会社も慈善事業じゃないし、そりゃあちゃんとお金払ってくれる人のが当たる率は上がるし、結局そんなこんなでクレカのが当たるってのは仕方がないと思うんだけど、実社会で働いたことない人が多いのか心配になってしまう。

敦:結局劇団の客演とかで推し名義で全公演分とか買えば向こうのは計らいで全部最前にしてもらえること多いし、そういうシステムのが楽だよね本当。
大人も子供も社会に参画するひとりの人間として、これ以上手数料があがらないようにお約束(当選後のキャンセルはできません)は守りましょう!(適当)

か:チケットを売ってる人も買ってる人も、心がある人間だという事を忘れないようにしたいところだね(菩薩顔)

◯◯な人は我慢してください問題


か:そんなこんなで色んな問題が勃発してる1枚の紙切れなわけですが、よく見かけてかつ私がいつも理解が出来ないのがこの問題なわけなのだけど。
直近でも結構みかけている。

敦:わたしはさ、何より面倒な人間(特に女)が大嫌いなんだけど、だからこそ正義厨とか嫌いなんだけど、神の視点に立って、興行元でもないのに「誰が見るべき」とか言うおたくが!出勤時の道端にある嘔◯物と同じくらい嫌いなんですが!!!!

か:私も出勤時に遭遇してしまったゴミ収集車(燃えるゴミの日)くらいだめだな…。
本当によくわからないんだけど、誰が行くか、誰が見るかを決めるのがまさにそのチケットな訳で、それをなんで誰かのために自重しなきゃいけないんだろう?って思うのよ。
「原作ファン(キャストファン)が前で見るべき」論争もそうだけど、自称古参による「このメンバーを待ってたファンがいるんだから最近のファンは我慢してほしい。」発言がまったく意味がわからない。
いや、何が言いたいかは流石にわかるんだけど、それは他人に強要することかな?っていう。自分が頑張ればいいじゃん。

私はアンサンブルとかバックダンサーとか出番少ない人目当てでチケット買うことすっごいよくあるけど、遠い昔に「出番少ない人のファンなのに前持ってるんですか?主役のファンに譲った方がいいんじゃ?」って悪意なく言われて死ぬほど傷ついたことがある。
プリンシパルだけが舞台の見所じゃねーから……。
つまるところ誰が観に来ようが自由だと思うんだけど、何が気に食わないんだろう。

敦:それを嫌味だと無自覚で言ってるならすごいわ。

か:その人は本当に無自覚だったのよね、アンサンブルとかバックダンサーはおまけっていう価値観の人だったんじゃないかな?

敦:自分の推しが無銭イベントに出てて、最前がDDだったとしても、そこは交渉するなり、元々顔広く付き合っといて「誰々ちゃんが最前入るしか!」って譲ってもらえる環境を作っておくなり、そいつの努力不足なんじゃ?!という。
人の気持ちなんて物差しで測れないね、だからお金で測りましょう、が資本主義なのであってだな。

か:「力不足」は本当にそうだと思う。例えば公式が「昔からのファンの為の感謝祭なので今までの半券○枚持ってる人しか入れません!」とか言ってるならまだしも、そんな事は言ってないわけで。
仮に座席が1席しかない催しでも、戦いに勝ち抜けば座れるわけでしょ。リアル椅子とりゲームじゃん。それを戦う前から勝手に周りに文句言って、対して頑張りもしなかった結果落選したら難癖付けるってすっごいダサいと思う。
私は絶対に生きたい催しは血反吐はいても頑張るし(積めないカスオタだから)、たとえ取れなくても当日1分前まで諦めないよ~。根性が足りない。

敦:わたしはわりと自分のことをせんごくきよすみだと思っているので、なんだかんだ当日までに血反吐はかなくてもなんとかなったりするんだよね。
無意識で徳をつんできたのかな?!でもそれってつまり私の必死な姿勢を見てまわりがなんとかしてくれるというか。
「私はお金持ちになる!」って言い続けてイメージしてお金持ちになる自己啓発本とかあるけど、「私はこんなに好きなんだからなんとかなる!」って思ってなんとかなるイメージをしてたら、本当になんとかなるんだよね。
でもその徳を積むのにものすごい金額のお金と果てしない時間帯をかけてきてはいるんだけども。

か:私はどちらかというとみづきはじめタイプで入念にデータを集めて上手い事やりつつも、どっかで失敗して「ここもだめかーっ!」ってして、おけぴのアラートが気になって2徹してた時とかもあったけど周りの優しい人達によってなんかいつもなんとかなってるところはある。
でもそれも日ごろのコミュニケーションとかあれとかそれとかの結果だと思うし、なんていうか「好き」という気持ちだけでチケットが取れたら、申し訳ないけど世の中のおたくは皆ハッピーだと思うしそれはありえないよね。

たとえば「新規」とか「にわか」と呼ばれる層がプレミアチケット取れたとして、その人はもう「運」っていう武器を持ってるわけじゃん。
武器がないと勝てないし、武器を持つためには頑張らなくちゃいけない。
でも頑張ったからって報われる世界ではなくて、頑張っても報われない事を知ってる人ほど次はもっと!って頑張るわけで。
それを頑張りもしないで「○○な人は我慢して~」って言う人は、そのどうでもいい言葉を言ってる間にファミポート早打ちの練習溶かしたほうがいいんじゃないかな?
周りを下げるより自分を高めないとやってけないよ。
チケット取るのってこんな壮大な話だったか……。

敦:そうなんだよね。たかみなの「努力は必ず報われる」スピーチシリーズを聞いてほしい。
特に一番最新のやつ。努力しても空回りばっかりかもしれない。きっとこのグループには努力してない子なんていない。けどなんでって思う子が推されたりどんどんあがっていったりするそんな世界だけど、それでも努力をしなきゃ、上がっていける未来なんて絶対こないんだよ、だから努力するのをやめないでっていう話だったはず(あやふや)。

か:これかしら
高橋みなみ、スピーチ全文「努力は必ず報われるとは限らない。そんなのわかってます。でもね...」(AKB総選挙)

敦:これ!!!!
まあわたしもせんごくきよすみとは言え、何もなくても1日3-5回暇があれば推しの名前を検索する生活をしてたり、推しにのめり込み過ぎてなのかなんなのか、なんか勝手に好きになってくれる赤の他人とかがいて、どういう過程でわたしを知るのかわからんが制作や関係者サイドが「そんなに好きなんですね……。」と引いちゃうようなそういうのがあってという大前提の話だからな。
あれかも、自分では意識してないけど無意識下で24時間推しのことを求めてるから無意識でチケット探してるのかもしれない。

なんかもうチケットが世界大会とかのメダルなんじゃないかという気すらしてくる壮大な話……。

か:このたかみなのスピーチもそうだけど、結局好きを原動力で頑張ってる人の、自分のための頑張りは私はなんらかの形で報われると思う。
例えそれが今すぐじゃなくても経験になったり、学びがあったりするわけじゃん。
でもそれを「他人を下げる」ために使ってしまうとなんにもならないし、上にはいけないよね。
私たちの場合たまたま3次元おたくだったから、その頑張りが推しに対してとかチケットに対して向いてるけど、アスリートだったら金メダル目指すとか言う話でしょ。
金メダルは1枚しかないけど、私たちの現場での最前列は少なからず8枚とかはあるんだし、悪態をつくならもうちょっと頑張っても良いんじゃない?っていう。

あとはキツいこというけど「にわかや新規はくるな」「○○ファンはくるな」って事を遠まわしでも言ってくる人は、そういう自分が下だと思ってるおたくですら取れるチケットが取れない人という訳で……。
自分が頑張れなかったり運がなかった言い訳に他人を使っているようだと、何事もダメな気がする。
「私が頑張れなかったから」「私の気持ちが足りなかったから」って反省点にしたら「じゃあ次はここをもっと頑張ってみよう」ってなれるんじゃないかな?

そろそろチケットの話通り越して壮大になってるから、ゆるゆるまとめると、まあ自分のことを棚にあげて、自分ルールだけが正義で、それで周りを叩きまくる人ばかりのこんな世の中じゃポイズンって感じ!!!

敦:ほんとそれな!!
最近SNSで雑音が入ってくるたび頭でテニミュの曲流れるんだよね、On my wayが。わたしテニモンじゃないのに。
俺たちはテニスをしているのか?これはスポーツなのか……?
というかそもそもこれは何の対談だったんだ……。

か:戦い続けるのは生きてる証なのさ!!!俺は負けない!!!!
1枚の紙切れの話なのにここまで盛り上がるの、本当に私たち元気だなって思った今日だったよ……。


本日の一言


敦子
それでも言わせてください、「努力は必ず報われる」(丸パクリ)

かりん
札束ならぬチケット束で殴りあう世界に平和は訪れるのか!?俺たちの戦いはまだこれからだ!


なんでもフォーム
ご意見、ご感想やご質問、「ブログでこの話して欲しい!」、企画持込みなどなどありましたら
お気軽にこちらからどうぞ。