読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちもこっちもブーメラン

3次元の無限の可能性、さぐってみます

第7回「おたくとリア恋」~その1:基本編~

おたく 対談

※はじめましての方はまずこちらから。

リア恋(りあこい)

「本来現実世界では関われない応援対象」に対して「リアルに恋をしてしまう」こと。略して「りあこ」とも言う。
同義語にガチ恋(がちこい)、本気愛(ほんきあい)、本気厨(ほんきちゅう)などがあるが、その言葉の意味はジャンルや個人個人により微妙に異なる。
顔が好きで、本人の生き方が好きで、対応が良かったから、気がついたら好きだった、などキッカケは様々。
真剣に悩んでいるおたくが多い半面、最近は「リア恋芸」などと呼ばれて謎の芸風化しているのも見受けられる。


------------


お久しぶりのご挨拶


かりん:皆さま!大変お久しぶりです!!!!あっちもこっちもブーメラン、再開します!!!!

という訳で今回のテーマは「おたくとリア恋」
現場によって名称は異なり、またその意味も人により微妙~~に異なるこのワード。「趣味なのにリアルで恋するってどういう事?キモ~イ!!」と言われ石を投げられるおたくもいれば、「友達にリア恋である事を打ち明けられない」という悩みを抱えるおたくも多数いる2017年のおたく社会。

それもそのはず、本来リアルの人間関係ではない「推し」という相手に、リアルで恋愛感情を抱いてしまう異常事態。
しかしその異常事態に陥るおたくが年々数を増やしていることから、「そもそもリア恋ってなんなんじゃい!!!」というような話に発展し、「ちょっとアンケート取って、ブログ更新するか」と言い出したところ、回答数がなんと983件も集まりました。
ご回答頂いた皆様本当にありがとうございました!!また「この選択肢があった方が」「こういう質問があった方が」などのご意見もとても嬉しかったです。

一番大切な結論から申し上げると、リア恋はケースバイケースです。
同じことをやって結婚出来るおたくもいれば、訴訟されるおたくもいる。これを念頭に入れ、誤ってもブログに書いてあったから実践しよう!→迷惑防止条例違反の流れにならないよう、どうか気をつけてください!!!
さて、そんな私のどうでもよい前置きなど興味がないと思うので、さくさく集計結果を発表していく前に……今回アンケートの結果にコメントをつけるメンバーの紹介です。
なお、今回はかりんがアンケート結果を説明する司会進行役で、ゲストの3人にコメントを頂く形になります!


ミナミ
リア恋おたく/リア恋肯定派

優子
リア恋したことがないおたく/リア恋否定派

なつき
リア恋したことがない女子ドルおたく/リア恋について学びにきた

かりん
かつてリア恋をしていたおたく/リア恋に対しては肯定するがシビア派
詳しくは先日の個人ブログを参照
ka-ri-ng.hateblo.jp



おたくとリア恋と基本情報


かりん:まずは今回アンケートに回答してくださった方の基本情報を紹介していきます。尚、「回答と属性を結びつけすぎると身バレして戦争に発展する恐れ」があるので、以降のコメントはある程度伏せながらご紹介させていただければと思うので予めご了承ください!



性別
f:id:ka_ri_ng:20170203031908j:plain

年齢
f:id:ka_ri_ng:20170203022640j:plain


Q.自分は推しに「リア恋」していると思いますか?
f:id:ka_ri_ng:20170203032029j:plain


かりん:ちなみにこの質問は年齢ごとの分布も作ってみたのですが、割合が全年代まったく変わらなかったという面白い結論になりました。
更に今回はこの情報を元に「している」「どちらかといえばしている」の方を現在リア恋、「どちらともいえない」「していない」の方を否リア恋、「かつてしていたが、やめた」の方を過去リア恋とくくっていこうと思います。
このアンケートの対象者がそもそも「リア恋をしている人」のみに向けて作成していたところに、欲張って「そうではない方達の意見が欲しくなってしまった」為に、大分質問に偏りが合ったのはこの場を借りて「欲張ってすみません」と謝罪をしておきます…。


尚、回答してくださった方たちの「推しの職業」ですが、やはり若手俳優、俳優、ジャニーズ(Jr.含む)、アイドル(ジャニーズ以外)が多かったです。
次いでバンドマンや歌手、ダンサー、スポーツ選手、俳優やアイドルの名前を名指しで書いてくださってる方もありがとうございました!その他少数派で気になったのが「町おこしお兄さん」で、勝手に興味が沸いてます。

「推しが演じた役」という回答もあって、これはかつて出てきた「舞台の上にいる人しか以下略」と同じ空気を感じているのと、例えば「俳優」と回答する場合は(若手ではない)とか(2.5ではない)とか(ミュージカル中心)、「アイドル」と回答する場合も(ジャニーズじゃない!)とか(Jr.です)みたいな感じで皆さんすごいこだわりをもって回答してくださってるので、くくって集計するのも申し訳ないな~となったのでこちらは羅列で失礼します。


かりん:さてはて、この結果に対してどうでしょう?というかついでに気が向いたら皆さんの推しの職業も教えてください。
ミナミ:私の推しはちょっと前の若手俳優ブームを超えてきた現舞台俳優なんだけど、リア恋している人としていない人が綺麗に半々なのにはびっくりしたかも。
とはいえ今回回答を細かく見ていてリア恋の基準って人それぞれ全然違うんだなと思ったので、改めて奥が深いテーマだと感じてる!
優子:一覧をバーッと見せて貰ったんですけど!思ったより回答が割れてて!!
後はジャニーズでもデビュー組とJr.じゃあ全然違うなと思うし、俳優も俳優で若手俳優とミュージカル俳優、小劇場界隈俳優じゃ全然違うから「こりゃあ楽しくなってきた」みたいな感じで震えてます!ちなみに推しはジャニーズではないアイドルです!
なつき:私は女子アイドルのおたくなのであまり「リア恋」というものになじみがなくて……。ドルオタだと「ガチ恋」なんていう言い方になるけれど「リア恋」とどう違うのかって気になってお勉強に来ました!自分が思ってたイメージよりも「している」と回答している人が多くてびっくりしてます。もっと少数かと思ってた!
かりん:そうか!まず女子ドル界隈だと名称から違いますもんね。そこに触れてるコメントもいくつかあって、その話も上手い事交えながら出来ればと思っております…!厳密な違いはきっと解らないのだろうけれど…!!そして「している」の回答の多さには実は私もびっくりしております。


リア恋はある?なし?


かりん:あるもなしも、現実問題「してる」人がいる以上、そこは他者から何を言われようと感情!!!という話になりますが、今回は「現在リア恋をしているかしてないか」の他に、「リア恋に対して肯定的か否定的か」も聞いてみました。全体の回答+分布の回答がこちらです。



Q.リア恋しているおたくについてどう思いますか?
f:id:ka_ri_ng:20170203025006j:plain

f:id:ka_ri_ng:20170203025018j:plain


かりん:この質問に関しては、「その選択肢を選んだ理由」も伺っているので、それぞれの意見を見て行ってみましょう!


肯定的・どちらかといえば肯定的

  • 好きになるのは個人の自由
  • 感情は制御できないから
  • 自分自身がリア恋なので否定出来ない
  • 好きな人がたまたま芸能人だっただけ
  • リア恋ほど推しに会おうとして現場に行き、お金を落とすので
  • おたくの母数を減らさなければお金を落とすおたくの1人だから
  • 好きという気持ちに対して純粋に向き合っているのは良いと思う
  • 叶わない恋とわかった上で応援することを生きがいにしている方もいる
  • 一般男性と違ってこちらの都合でお金で勝手に距離を図れる(むやみに近づいてこない、会いたきゃ現場に行けばいい)ので
  • 推し側が色恋営業に近い接触が多いのでリア恋が生まれても仕方ない
  • 実際におたくから恋人に発展したパターンもあるから


かりん:上から3つが相当数を占めていて、後は各自が気になるものをピックアップしてみました。「必ずしもそうではないな!?」というものを敢えて載せてます!他に何かこれぞというものはありました?
ミナミ:「リア恋してるって自覚がある人は救いがある」っていう肯定派の意見がベストオブそれな賞だったな。何でもそうだけど、現状だったり自分の気持ちだったりがちゃんと把握できてる人はまだ大丈夫って感じる。
かりん:確かにそうだね、自分の気持ちに気がついてるか気がついてないか、現状を把握出来てるか出来てないかは大事だ。優子ちゃんは?
優子:あーーーこのコメントの感じで言うと、私自身は否定をしてるけど「感情は自由」って感じかなあ。別にリア恋のおたくが生きてても私に迷惑はかからないからな…。
ただ「たまに迷惑をかける人がいて嫌だから全肯定は出来ない」って意見があって、それは私も完全に同意。関係ないおたくを巻き込むのはやめて欲しいです。
なつき:本当に勝手なイメージなんだけどリア恋してる人ってもっと夢見てる感じの人が多いのかなって思ってたけどみんなすごく現実的……。でも現実的だから「リア恋」なのか。
「付き合える付き合えないじゃない、付き合いたいんだ」っていう意見になるほど!と。結果どうしたいかというよりも自分はどう思ってるのかということなんだ。思うのは自由だもんね。
かりん:「思うが自由」、まさにそれ!夢見てるかどうかも今後の結果で分かれてきそうなんだけど…(笑)、でももっと現実的に考えてるおたくも一定層いて、そこが実は今回の話の核の部分ではないかな?と思っていて。
優子:あと「リア恋おたくはお金を落とす」って発想に目から鱗だった!この回答結構あって、その回答をしてくれた人の属性はリア恋の人もそうじゃない人も混ざってるんだけど、もれなく「在宅茶の間でリア恋」の存在が亡き者になってるのが凄いよね?
ミナミ:私もこの回答が多かったのにはびっくりしたな。リア恋おたくみんながお金を落としてるとは限らないけど、たしかに落とす率が高いって意味ではそういう層がいるから商売として成り立つ世界だなぁと思う。
優子:でも茶の間リア恋だと別に…お金は……。
かりん:みなまでいうな……。



否定的・どちらかといえば否定的

  • 他の人に迷惑をかけるので嫌
  • 身近にいるけれど取り扱いが面倒くさい
  • 芸能人相手に痛々しい
  • リア恋自体に嫌悪感はないがその思いをSNS等で過度に示されると不快感がある
  • 私以外で推しにリア恋してる人間は全否定
  • 成就のために行動してる人は理解できるけど、茶の間のリア恋には否定的
  • お金を落とす客はあくまでも「客」なので
  • 相手が「その職業」でいるのに、現実面を見ようとするのは失礼な気がする
  • プライベートを暴こうとするのが気持ち悪い
  • アイドルや芸能人は「皆のもの」だから
  • 自分自身が経験した結果辛い思いをしたのでオススメ出来ない


かりん:先ほどと同じく、上から4つが比較的多かった意見で、それにプラスしていくつかピックアップしてます。水と油の決戦みたいになってるけど、皆のご意見的にはどうですか?
ミナミ:「自分はリア恋してるんだけど、自分以外のリア恋は否定」って意見が物凄く本能のままで、そうかそういう選択肢も作るべきだったっていう反省…。
かりん:そこは私も完全に盲点でした!!確かに自分がリア恋おたくこじらせてればこじらせてるほど「同じ推しのリア恋おたく」は否定しなきゃやってらんないよね。
優子:否定的な意見で言うと、リア恋おたくじゃない同担?かぶり?なんでもいいんだけど、を威嚇するのはマジでやめて欲しい!前にそういう事があったから余計になんだけど、こっちは趣味でやってるから!恋してなくても本気でおたくやってっから!!
かりん:それはあるね~あとSNSで過度にアピールするのつらい問題」はあるかもしれない。とはいえ見る方も取捨選択できる世の中だから難しい所だ…。
なつき:さっき肯定的な意見のほうで「アイドルは夢を与える仕事だからリア恋してるほうが普通」っていうのがあったんだけど「アイドルや芸能人はみんなのものだから」っていう否定的な意見とすごく対象的だなあと……。でもどっちも間違ってない。本当にリア恋の概念というか視点って人それぞれ……難しい。
ミナミ:確かにそうかも!「皆のものだからみんな恋して当たり前」なのか、「皆のものだから一人のものにしようと恋するなんて!」っていう差はあるのかもしれないな!?難しい~。

かりん:ちなみに、各人の属性も見た上でなんとなくぼんやりなんだけど、おたくの分母が多い現場の人ほどリア恋に対して否定的の割合が多くて、おたくの分母が少ない現場の人ほど肯定的なイメージがあったかも。
優子:それは私も思った!ジャニのデビュー組とか、凄い有名な俳優とかが好きな人は「いやいやリア恋って(笑)」みたいな回答してる人結構いたけど、地下ドルとか距離感近い現場の人は本人がリア恋してなくても「そういう存在」に対して否定的じゃないのめっちゃ面白い!
ミナミ:このアンケートの回答を見て、自分も気をつけようって思ったんだけど「自分の現場が主体」で回答してるから、おたくって視野がどんどん狭くなるんだなと思ったし、まったく別の世代や環境や現場の人だとまったく異なった価値観がぶつかり合うんだなって…。
かりん:だからやっぱり「おたく」ってひとくくりには出来ないし、同じにされるのは無理だよね~ってのは話が変わるけど感じたし、既にここの意見でおたくって面白いな状態になっている!
なつき:おたくの数だけ価値観がある……リア恋というテーマに限った話じゃないけれど、このテーマだとさらにデリケートな部分ってことなのかな。リア恋って思ってたよりもずっと複雑だ……。


そもそも「リア恋」ってなんだ?


かりん:さてはて、全体の見解がなんとなく見えてきたところで、当初このアンケートを取るに至った「リア恋ってなんなんだ」問題にぶつかる訳でして。
なつき:さっき冒頭でも言ったけど「リア恋」と「ガチ恋」の違いってあるのかな?っていう部分に興味津々です!!単に言葉の違いなのか意味も違ってくるのか!
優子:してない側からすると確かにそこの分布とか言葉の意味合いの違いはすごい気になる!!
かりん:そんなこんなでいくつかの質問を用意しまして、その回答をザザーっとご紹介します!ちなみにこの回答は現在リア恋枠に該当する371名を対象に伺ってます!



Q.あなたは「リア恋している」相手に対してどう思っていますか?
f:id:ka_ri_ng:20170203025730j:plain


かりん:ちなみにミナミちゃんはどこに入る?
ミナミ:私はこの中なら「付き合う気はないがあわよくば」に入るけど、付き合いたい欲がないわけじゃなくて「欲を言えば付き合いたいけど現実的に無理というのはわかっている、でも万が一チャンスが来たら全力でつかみに行く」ってスタンスかなぁ。
なつき:あーある種一番ダメージが少ない印象がある。ちなみに「あくまでもそういう芸風」ってどういうことです?
優子:私の友達にそのタイプいる!現場にいって推しと対峙してる時は「は~好き!!りあこ!!」ってなってるんだけど、別に現実世界でどうこうなりたいって訳じゃなくて。
例えば推しがアイドルなら、現場にいったら推しはアイドルっていう職業をやってるから、自分も「リア恋おたく」っていう職業をやってるみたいな?
なつき:「リア恋」を一種のジャンルとして捉えてるってことなのかな……好きの種類のうちの一つ……?
かりん:言ってしまうとそういう感じかな…?きっと「皆のものだから恋して当たり前」的な要素はこのあたりにあると思うんですけどど、ゆえに「そういう芸風」なんだよな…難しい所だ…。
ちなみにこの質問には「その他」の欄を設けてあるのでそちらも紹介します!


その他のご意見

  • 付き合いたい訳ではないが特別なおたくでいたい
  • 自分が結ばれる訳がないとは思ってるけど、他の人のものになって欲しくない
  • 死ぬときは一緒に死にたい
  • 付き合うなんて贅沢は言わないからセフレになりたい


かりん:近いものは省いたのだけど、「自分が結ばれたいわけじゃないけど~」系が多くてナルホドナーになりました。
優子:ワンチャン狙ってる人たちが結構いたんだけど、その人たちはむしろそこで終わっていいの!?
かりん:おや、そこは気になる?
優子:だって好きなんでしょ!?リアルに恋してるんでしょ!?だったらワンチャンで終わった方が辛くない!?
なつき:確かに、そこまで距離が縮まってるのに感はある!
かりん:すごい、「推しにリア恋してない」からこその全うな意見が出た!!!
ミナミ:あと「ワンチャンすらない」可能性を考えてはいないのかっていう疑問が。
かりん:どんどんシビアになってる……。
ミナミ:確かに「付き合うよりはワンチャンの方がまだいけそう!」って感じる気持ちはわからなくもないけど、そのワンチャン枠すら誰でもなれるわけじゃないんだぜ……現実って厳しいな……(遠い目)。ちなみに私的には「産みたい」って回答がすごい衝撃だったというか、めっちゃパワーワードだなって!!思った!!!
かりん:これって「推し」をなのか「推しの子供を」なのか凄い気になる…。このアンケート、とにかくパワーワードが出まくっててやばい。
ある種「見てるだけで幸せ」の部類に入る系のものはあって、「自分のものにしたい」人もいれば、「自分のものにはならないと解ってるからこそ辛い」人もて、私は胃が痛くなりました。
なつき:友達が前に「ガチじゃねえ恋なんてねえんだよ」って冗談で言ってたことがあって(笑)、でもあながちそれって本質を捉えてる発言だなと思ったんだよね。本来「恋」というものには境界なんてないのに「リアル」とくくってしまうことで境界が表れてしまう。だから「付き合いたいわけじゃないけど」っていう人はまさにその境界の合間にいるのかなーって。現実は見えてるんだけど恋してる気持ちがあるっていう……。
ミナミ:ガチじゃねえ恋なんてねえ!(笑)
優子:パワーワードだ……。でも確かにそれはそうだ、そう考えると「リア恋」ってなんだよという話が余計に深まる……。

かりん:話をしてく内に逆に謎が深まってるけども(笑)、じゃあ「おたくはどういうタイミングでリア恋を自覚するのか」というのを聞いてみました。



Q.あなたが「リア恋している」と自覚したのはどんな時ですか?

  • 目が合うのが恥ずかしいと感じるようになった時
  • 気がつくと四六時中考えるようになっていた時
  • 見た瞬間涙が出た時
  • スキャンダルが出て凹んでる自分がいた時
  • カノバレして死にたくなった時
  • 舞台上よりもプライベートの瞬間が好きだと思った時
  • 相手と付き合ったらという妄想をし始めてしまった時
  • 見てるだけではなくて「見られたい」と思ってしまった時
  • 会えなくて寂しいと思った時
  • 他のおたくに嫉妬した時
  • 「大好きです」と気軽に言えなくなった時


かりん:これはわりと両極端で「自分と何かあってドキドキした」パターンか、「他者と何かあって凹んだ」パターンかな。
優子:そっか、私普通に前者の事しか考えてなかったけど「傷ついて初めて気がつく」って事もあるのか……切ないな……。
かりん:優子ちゃん、恋愛自体には肯定的だから逆にリア恋に優しい人みたいになってるのが凄い。
ミナミ:私は人間って多かれ少なかれ恋愛対象でない人に対しても独占欲を感じたり他者より優位に立ちたい気持ちってあると思っていて、そういう気持ちを感じても「リア恋だー!」とはならないのね。でも人によってはそれをきっかけにリア恋を自覚する人もいるわけで、本当にリア恋の始まりは三者三様なんだなって感じた…。
なつき:「目が合うのが恥ずかしい」とか「気がつくと四六時中」とかは普通の恋と同じじゃん!と思うし、ミナミちゃんも言ってるけれども「見られたいと思ってしまった」っていうのはリア恋じゃなくとも普通におたくやってたら芽生える感情でもあるなと思ったかな。
だから私ももしかしたら自覚してないだけで恋と近いような感情を持ってるのかもしれない……アイドルとか芸能人に対する好きって基本的に恋に近い感情だったりするのかも?という気持ちになってきた……。
優子:「好きになった相手なんだから魅力を感じて当たり前」みたいな意見もあって、それはそうだな~って私も思う。「惹かれる、応援したい」って事はその人に魅力がある訳で、それは恋愛じゃなくても「惚れる」って事だよね。
でも今回のアンケートの主要回答層の「女性が男性を応援している」時に、その「惚れる」が人間的魅力になのか、それとも異性としてなのかがよくわからなくなっちゃうのがリア恋……なのか……?
ミナミ:あっ!なんかちょっとそれっぽい流れになってきた!(笑)
かりん:それっぽい流れになってきたところで、長くなってきてしまったので「その2:認知・接触と同担編」は、ページを分けます!いざすすめ!


boomerang.hateblo.jp




なんでもフォーム
ご意見、ご感想やご質問、「ブログでこの話して欲しい!」、企画持込みなどなどありましたら
お気軽にこちらからどうぞ。